JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


Sweets & Science / ピエール・エルメ・パリ 2011-2012コレクション
“Sous le signe de Nature(自然に抱かれて)”

2011.10.04
小石川分館

 「スイーツ界のピカソ」としてフランス菓子の世界をリードする職人ピエール・エルメとのコラボレーションを企画実現し、その協働の成果を「スイーツ&サイエンス」と題したフード・イベント。小石川分館の常設展示のなかに「庭園(Jardin)」をテーマとするエルメの新作群のフランス菓子を配置した。味覚や嗅覚のみならず、パテシエとして視覚的要素の重要性を誰よりも強く意識しているエルメの創作菓子それ自体が、可食性の「アートワーク」としても鑑賞にたえうる展示物となった。本企画は、「アート&サイエンス」という、中長期的な展望に立って進められてきた研究の、その枠組みの拡張に大きく寄与するものとなった。

空間・展示デザイン©UMUT works 2011

一覧に戻る