JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


Mode & Science / Naoki Takizawa Spring Summer 2009 Collection

2008.10.31
小石川分館

 開学以来東京大学に蓄積されてきた学術標本を、クリエーションを刺激するデザイン資源として活用を図るため、デザイナー滝沢直己氏とコラボレーションを行った「モード&サイエンス」の初の試み。東京帝国大学の動物学教室教授箕作佳吉が研究教育用資料として国内外から集めた蝶のコレクションを歴史遺産としてでなく、デザイン資源として見ることにより、虫に喰われ朽ち果てた標本の姿に対しても、百年を超えた「時」の流れや審美的な鑑賞に耐える造形的なパターンの存在を見出し、テキスタイルに落とし込んだ。ジャケット、コート、シャツ、ドレス等、様々なアイテムに展開されたモード作品は、本イベントの後、パリコレでも発表された。

画像提供:株式会社 NAOKI TAKIZAWA DESIGN
空間・展示デザイン©UMUT works 2008

一覧に戻る