JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク

特別展示『アヴェス・ヤポニカエ(7) ——日々是鳥日』

2021.07.26-2022.01.10
STUDIOLO

 このシリーズは、日本画と、そこに描かれた鳥の標本を同時に展示し、鳥を見つめた画家の視点を提供する試みです。
 河辺華挙の編纂した『鳥類写生図』は粉本、すなわち鳥を描くときの手本となる図鑑あるいは紙に描いた標本です。今回はそのような断面にフォーカスしたものではなく、ただ一巻の絵巻物を、最初から最後まで見通す企画です。この第拾七巻は「この巻のみ悪徒に貸し出すこと厳禁」と記され、華挙とその画塾にとって、シリーズの中でも重要な巻であったことが窺われます。しかしながら、そこに描かれた鳥は、日本画の格好の題材となった孔雀や鷹ではなく、意外なほどありふれたものでした。日々の暮らしの中で見かける鳥たちを写実的な筆致で描き、時折、色鮮やかな外国産の飼い鳥に紙面を割いています。それはあたかも、何気ない日々の暮らしと、たまに訪れるハレの日のようです。パンデミックによって激変した世界に暮らす今だからこそ、この「長年の研鑽の末の、何気ない日常」のごとき一巻を鑑賞していただきたいと考えた次第です。
 この巻は約16メートルの長さがあるため、前、中、後の三部に分けて展示公開を行います。画家が鳥を見つめた日々をお楽しみください。

主催 東京大学総合研究博物館

一覧に戻る