JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


特別展示『医家の風貌』

2016.12.03-
MODULE

昨年夏のことである。東京大学医学部附属病院より四十四点の肖像画が、八点の肖像彫刻と併せて、総合研究博物館へ管理換となった。肖像画コレクションは病院内科講堂演壇背面の大壁面に掛け継がれてきたもので、五段にわたって居並ぶ歴代教授の肖像群は、医家の権威と教育の歴史を伝える見事なパノラマを構成していた。「階段教室」式講堂空間の高所に架蔵されていたことから、長期に亘って手つかずのままあった。そうした環境がむしろ幸いし、病院長職の系譜を完璧に辿ることができる。これは公式肖像画遺産の存在様態として稀有のことと言って良い。博物館ではすぐに、積年の塵埃を払い、画面の修復作業を始めた。いまだ途半ばの状態ではあるが、修復家鈴鴨富士子氏の協力を得て、作業の成果の一端を一般に公開することとした。ゼラチン・シルヴァー・プリントと油彩画の違いはあるが、いずれの作品も眼前で間近に見られる機会が、これまでなかったものである。明治時代の医家の堂々たる風貌を堪能していただければ幸いである。

主 催:東京大学総合研究博物館

一覧に戻る