JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


公開座談会『Play IMT――インターメディアテクにおける演劇創作の可能性』

2014.11.07
ACADEMIA

 東京大学総合研究博物館と世amI(せあみ)は、JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」を舞台に演劇創作を行う協働プロジェクトを始動することになりました。本プロジェクトは、ミュージアム空間における演劇創作の実験です。インターメディアテクの学術標本やミュージアム空間のさらなる創造的な活用の可能性を探求するとともに、新たな演劇表現に挑戦していきます。その一環として、公開型の演劇創作プロセスを積み重ねるべく、関連イベントをインターメディアテク内で随時開催いたします。
 第一弾となる関連イベントは、「Play IMT――インターメディアテクにおける演劇創作の可能性」と題した公開座談会です。世amIの主宰者であり、俳優/演出家/演技トレーナーとして日本で活動する韓国出身の金世一氏、東京大学総合研究博物館・インターメディアテク館長の西野嘉章教授をはじめ、プロジェクトに関わるメンバーを中心に、本プロジェクトの端緒から今後の展望まで、一般参加者を交えてオープンに語り合います。着想段階から演劇創作のプロセスにインターメディアテクのコレクションや活動、集まる人々などを有機的に取り込むことで、いかなる演劇表現をミュージアム空間内に結晶化させられるのか。「演じる」と同時に「遊ぶ、楽しむ」という意味をもつ英語の「Play」をキーワードに、インターメディアテクという場における演劇創作の可能性について、さまざまな角度から検討し、本プロジェクトの未来を考える場とします。


日時:2014年11月7日(金)18:00-
   (17:45開場、19:30終了予定)
会場:インターメディアテク2階ACADEMIA(レクチャーシアター)
参加費:無料(事前予約不要)
定員: 50名 *途中入退場自由、桟敷席およびスタンディングでの参加となる場合がございます
主催:世amI+東京大学総合研究博物館

一覧に戻る