JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


アカデミック・アドベンチャー 2016

2016.04.01-2017.03.31
ACADEMIA

小・中学生の皆さまへ

 アカデミック・アドベンチャーでは、IMTボランティアの大学生が「インターメディエイト」(=媒介者)として、皆さんのアドベンチャーの案内役を務めます。IMTボランティアは、東京近郊のさまざまな大学に所属し、それぞれの専門分野の勉学や研究を行いながら、JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」の活動をお手伝いしています。
 私たちIMTボランティアがアドベンチャーの内容をご紹介いたします。


中村千紗都(尚美学園大学学術情報学部情報表現学科 3年)
アカデミック・アドベンチャーでは、自分が思いもしなかった人の考えを知ることができます。自分が何の疑問ももたず見ていた植物標本も、誰かが「どうしてここにコレがあるのか」と問いかけをくれるだけで、その植物標本について考えるきっかけが生まれます。私がアカデミック・アドベンチャーの対象に選んだ「毒キノコ模型標本」もそういったものの一つです。私たちの日常で身近なキノコ。この誰もが見たことのあるものが博物館にある理由や、キノコの生態についての質疑応答を中心に、普段なら気に留めず見ているモノも、見方を変えることによって新しい見方が生まれるということを伝えるために、このアドベンチャーに取り組んでいます。インターメディアテクにはたくさんの学術標本があります。膨大な資料の中から一つを例にとって疑問を提示することで、ただ流し見るだけではなく、自発的に見方を変えるようになり、より見学を楽しめるのではないでしょうか。これから博物館や美術館で展示品を観る時や日常の中でも視点の転換ができるようになれば、より新しい世界が広がっていくと私は考えています。

一覧に戻る