JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


学校対象教育実験プログラム「アカデミック・アドベンチャー」募集のご案内

2014-01-24

 JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」では、2014年度より、修学旅行及び学校行事や授業で当館を訪れる小・中学生を対象に、ボランティア学生が「インターメディエイト」(媒介者)として展示を案内する教育実験プログラム「アカデミック・アドベンチャー」を開始いたします。本プログラムは、水曜日の通常開館前に事前申込制の特別観覧時間帯を設け、月に2回程度開催する予定です。今回は別紙の通り、2014年6月から9月の春・夏期分の募集をお知らせいたします。
 本プログラムは、日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館の協働になるインターメディアテクが社会貢献施設として取り組む教育実験活動の一環となります。アカデミック・アドベンチャーはインターメディアテクの実験精神に共鳴したボランティア学生が、幾度も勉強会を重ね、準備を進めてまいりました。動物、植物、宇宙、歴史、地理、音楽、美術など、東京大学の教育研究に由来するさまざまな分野にわたる展示物を、インターメディエイトとなるボランティアと一緒に観察・鑑賞し、自由に対話する体験を通じて、子どもたちが自らの好奇心を拡げ、探求心を深めることのできる創造的な学術探検(=アカデミック・アドベンチャー)の機会を提供いたします。この好奇心と探求心は、すべての学びにおける根源的な原動力となるに違いありません。
 東京駅前に立地するインターメディアテクには、これまでにも修学旅行生をはじめとする多くの児童・生徒の皆様にご来館いただいており、インターメディアテクのことをさらに知りたい・楽しみたい、というご要望をいただいてまいりました。また、学校教育との連携のなかで、ミュージアムがどのような独自性ある教育プログラムを提供できるかという点は、われわれの教育実験活動が目指すところの眼目の一つであります。プログラム開催日程には限りがありますが、よりよい教育や学びのあり方を追求していくため、学校とミュージアムとの新たな協力関係を構築し、インターメディアテクを訪れる児童・生徒の皆様にとって本プログラムがさらに有意義な時間を過ごす一助となることを願っております。
 マスコミの皆様には、本プログラムを広く周知していただくようお願い申し上げるとともに、教員及び関係者の皆様におかれましては、学校教育の一環としてぜひご利用をご検討いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

■本件に関するお問い合わせ:
03-5777-8600(ハローダイヤル)

PDFファイルをダウンロード

一覧に戻る