JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク

医学生と観る「医家の風貌」展――パート2 脚気研究の歴史

2018.12.14

特別展示『医家の風貌』に集められた、東京大学医学部の歴代教授の肖像画と彫像たち。日本の近代医学史に大きな足跡を残した彼らの業績や人柄を、現在東大医学部で学ぶ学生がコミカルなやり取りを通じてわかりやすく紹介します。パート2は、展示空間に並ぶ医家の姿から脚気研究の歴史を取り上げたギャラリートークです。

案内役
清原悠嵩(東京大学医学部医学科3年)
小坂真琴(東京大学医学部医学科3年)
小長井旭(東京大学医学部医学科3年)
齋藤朱花(東京大学医学部医学科3年)

合計約13分
3F

録音日:2018.11.9
公開日:2018.12.14
制作:東京大学総合研究博物館

*本音源は、インターメディアテクと有志学生との協働企画として開催された、「東京大学情熱学部」シリーズによるギャラリートークのライブ録音です。音声にお聞き苦しい点や、話題にしている肖像画および彫像にわかりにくい点等がありますが、何卒ご了承ください。

【ギャラリートーク】
『医学生と観る「医家の風貌」展――東京大学情熱学部シリーズ』

iPhoneアプリのダウンロードはこちら(無料)

一覧に戻る